100%オープンソースで継続的なイノベーションを

Alfresco Community Editionは、エンタープライズコンテンツ管理のオープンソース版です。 LGPLv3ライセンスの下で配布され、無料でダウンロードして無期限で使用できますが、テクニカルサポートはないため、ビジネス以外の重要な環境に従事するデベロッパや技術者に最適です。

Communityをダウンロードする

Community Editionで可能なこと

Alfresco Community Editionを使うと、企業はシンプルなビジネス文書から、スキャナーで取り込んだ画像、写真、設計図、大きな動画ファイルまで、あらゆる種類のコンテンツを管理できます。 一般的には、次の目的で使用されています。

  • ドキュメント管理システム
  • コンテンツプラットフォーム
  • CMIS対応リポジトリ

用途に応じて追加できるアドオンも用意されています。 ニーズにマッチしたものを探すか、オリジナルのアドオンをリストに追加しましょう

CommunityとEnterpriseの違い

Community Enterprise
アドオン — 製品に追加する拡張機能をダウンロードしてインストールする機能(http://addons.alfresco.com/をご覧ください)。
管理 — 組み込まれている管理コンソールを使ってAlfrescoのサブシステムを構成し、起動します。
ハイブリッドクラウド — オンプレミスのAlfrescoとAlfresco in the cloud間でのコンテンツおよびプロセスの同期。
クラスタリング — クラスタリングを簡単に構成して、アプリケーションを拡張できます。
テクニカルサポート — デベロッパ、管理者向けのインストール、設定、アップグレードサポート(ホットフィックスやサービスパックプログラム、バグの報告、優先順位付けプロセス)
保存ポリシー — コンテンツのライフサイクル要件を満たすコンテンツ保存ポリシーを複数定義する機能。
変換サーバー — コンテンツをオンラインで見る時に速いページ読み込みが必要な企業向け。
統合 — Salesforceなどの他のビジネスアプリケーションとの統合。
エンタープライズプラットフォームサポート — MS SQL Server、Oracle、WebSphereなどのプロプライエタリエンタープライズソフトウェアにAlfrescoを追加して実行する機能。
モバイル端末の管理 — モバイルコンテンツの暗号化、Alfrescoモバイル配布方針、すぐれたモバイル端末管理としてのAlfresco
総合的なQAプロセス — 複数のOS、DB、アプリケーションサーバーで厳格にテストを実施し、認定済みです。
詳細はこちらまたは ダウンロード 詳細はこちらまたは ダウンロード

システム要件は?

Alfresco Community EditionはJava Webアプリケーションとして展開されます。 このプログラムは様々なオペレーティングシステム、アプリケーションサーバー、データベースで稼働しますが、最も一般的なスタックは次の通りです。

  • 64ビットRed Hat Enterprise Linux(UbuntuとSUSEも一般的に使用されています)
  • JDK 7
  • Apache Tomcat
  • MySQLまたはPostgreSQL

マニュアルを見る

保守方法

Alfresco Community Editionは、活発なコミュニティの支援を受けながら、Alfresco Softwareによって開発、メンテナンスされています。

  • Alfrescoのコミュニティがバグレポートやバグフィックス、機能を提供します。
  • Alfrescoのエンジニアリングチームが1つのオープンソーススタック上で限定QAを行います。
  • Alfrescoのエンジニアリングチームがナイトリービルドをリリースするため、最新の機能だけでなく、より安定した定期リリースを提供できます。
  • 古いバージョンのAlfresco Communityには、修正プログラムは定期的に適用されません。 それは、ユーザーがバグフィックスや新しい機能を得るために最新バージョンにアップグレードすることを想定しているためです。

テクニカルサポートの有無

AlfrescoとAlfrescoの認定パートナーではAlfresco Community Editionのテクニカルサポートを提供していませんが、オープンソースデベロッパで構成される活発なコミュニティがフォーラムや、メーリングリスト、オンライチャットを通じて互いに助け合っています。

是非 Alfrescoコミュニティにご参加ください。

Alfresco Community Editionに含まれていないもの

  • Alfrescoまたは認定パートナーによるテクニカルサポート
  • バグフィックス/修正プログラム、補償または保証
  • クラスタリング/高可用性認定
  • クラウドの同期、ハイブリッドワークフロー
  • プロプライエタリデータベースのサポートおよびプロプライエタリソフトウェアとの統合
  • 再起動不要の設定および管理
  • その他の基本機能以外の機能。これらの機能の一覧はWikiをご覧ください。