取締役会

Doug Dennerline

Alfresco CEO

Doug DennerlineはAlfrescoのCEOです。 AlfrescoのCEOに就任する前には、SuccessFactorsの社長として、同社の全世界における販売、専門サービス、マーケティング、顧客の成功支援、ソリューションコンサルタント、戦略コンサルティングを指揮してきました。 また、Salesforce社のエンタープライズセールス部門の取締役副社長を務めた経験もあります。 Salesforce社の前にはCisco社においていくつかの役職をこなしていますが、これにはコラボレーション・ソフトウェア・グループの上席副社長としてWebExグループを統率した経験が含まれます。 Doug Dennerlineは、アリゾナ州立大学で 企業経営の理学士号を取得しています。

John Newton

Alfresco CTO

AlfrescoのCTO兼会長のJohn Newtonは、コンテンツ管理の分野における経歴が最も長く、大きな影響力を持つ人物の1人です。 後にEMC®に買収されたコンテンツマネジメントの業界リーダーDocumentum®を1990年に共同で立ち上げ、Documentum®ソリューションの設計と開発を統率しました。 その後10年間、Johnが創り出したコンセプトは現在も業界で広く用いられています。 さらにNewtonは、ヨーロッパにおいてDocumentumのマーケティングサービスおよび専門サービスの会社を立ち上げました。 同時に、Benchmark Capitalの駐在起業家の1人としても活躍し続けています。 それ以前には、Ingres®創始時のエンジニアの1人として、世界初の業務用リレーショナルデータベースの開発に携わったことがあります。 Johnはカリフォルニア大学バークレー校を卒業し、電気工学およびコンピューターサイエンスの理学士号を取得しました。

John Powell

Alfresco共同創立者

John PowellはAlfrescoの取締役兼共同創立者であり、25年に渡ってエンタープライズソフトウェアの販売と運営に関わってきました。 Alfrescoの設立前にはBusiness Objects®社で国際事業部を統括していました。 Business Objectsの在職期間中、同社は1年当たり50%、4億1500万ドルの成長を遂げ、時価総額は60億ドルを超えていました。 その後、Business Objects社はSAP社に68億ドルで買収されました。 Powellは1991年にBusiness Objects UKを創設し、英国での会社の立ち上げから国際的組織へと展開させ、最終的にはビジネスインテリジェンスの分野において世界中で最も成功を収めた企業にまで成長させました。 Business Objects入社前は、Oracle®社とComshare®社で、販売管理の役職を務めていました。 Powellは、バーミンガム大学を優秀な成績で卒業し、理学士を取得しました。

Kevin Comolli

Accel Partners投資チーム

Kevin Comolliは、2000年にAccel社に入社しました。26年間にわたり、国際的スタートアップ、管理全般、およびベンチャーキャピタルへの投資に積極的に携わってきました。 Accel Londonの Alfresco、Atlassian、Etsy、Getjar、Knewton、Lot18、Simplivity、SupercellおよびVaronisへの投資を統括しています。 Playfish (Electronic Artsが買収)、 Diligent (IBMが買収)、 Icera (Nvidiaが買収)、そしてCape Clear (Workdayが買収)におけるAccelの投資を率いています。 Accel入社以前には、ロンドンを本拠とするパートナー、Doughty Hanson & Co.に勤務していました。 Doughty Hanson & Co.入社前は、 Goldman Sachs Internationalにおいて2年間エグゼクティブディレクターの役職に就いていました。 Goldman Sachsの前は、 ロボットおよび数値盛業における世界的リーダーのFanucに14年間勤務しています。 Fanucは、高度なハードウェア、ソフトウェア、および通信テクノロジーを組み合わせる完全自動化システムを開発および展開しています。 Fanucにおける14年間の勤務中、 EMEAおよび米国において多くの取締役会、全般的管理業務、セールス、マーケティング、エンジニアリングの職務に就いています。現在、世界経済フォーラム、およびWEFテクノロジー パイオニア プログラムの選出委員会のメンバーを務めています。 1982年、ノースウェスタン大学よりエンジニアリングの学士号を最優秀の成績で取得しています。 1987年、ハーバード ビジネススクールのMBA(経営学修士号)を取得しています。

Robin Vasan

Mayfield Fundマネージングディレクター

Robin Vasanはソフトウェア事業への起業家であり、投資家でもあります。 モバイル、クラウド/SaaS、その他大規模データに投資しています。 現在の投資には、 Alfresco、Centrify、CloudPhysics、Couchbase、EasilyDo、Marketo、ServiceMax、Webrootが含まれます。 1991年にMayfield Fundに入社以前は、CATS Software、Infinity Financial Technology (SunGardが買収)、Risk Management Solutionsを始めとするいくつかの成功を収めたソフトウェアのスタートアップの創立者または主要メンバーを歴任しています。 ハーバード ビジネススクールのMBA(経営学修士号)を取得しているほか、スタンフォード大学から工業エンジニアリングおよび経済学の2つの学位を取得しています。 『InfoWorld』誌より、「トップオープンソース」投資家として認められ、テクノロジーとベンチャー事業向けイベントで頻繁にスピーチを行っています。

Lars Björk

QlikView CEO

Lars Björkは、CEOとしてQlikTechを率いており、同社の取締役会の会員でもあります。 2010年には、同年のテクノロジー系のトップIPO (新規株式公開) に数えられる、同社のNASDAQにおけるIPOを監督しています。 Björk氏のリーダーシップの下、 QlikTechは300%にも及ぶ偉大な成長を遂げてきました。 同氏は、アクセスしやすい管理スタイルを通じた社風の促進の権威として認められています。同氏の執筆は、『ニューヨークタイムズ』、『フォーブス』、『ハーバード・ビジネスレビュー』に掲載され、また、CEO2CEOリーダーシップサミットを含む会議のスピーチ活動も行っています。 過去に、世界経済フォーラムに出席し、Ernst & Youngの「年間起業家賞」のテクノロジー部門で全米優勝者となり、e-G8フォーラムでの演説に招かれた経験を持ちます。 最近では、高成長の起業家精神を促進するためのホワイトハウスのイニシアチブ、「スタートアップ・アメリカ」への参加にノミネートされています。 QlikTechの前には、ScandStickやResurs Financeなどの企業で CFOの役職に就いています。 スウェーデンのランド大学からMBA(経営学修士号)を取得しているほか、ヘルシンボルグのテクニカルカレッジからエンジニアリングの学位を取得しています。