役員紹介

Doug Dennerline

Doug Dennerline

CEO

Doug DennerlineはAlfrescoのCEOです。

AlfrescoのCEOに就任する前は、SuccessFactorsの社長として、同社の全世界におけるセールス、専門サービス、マーケティング、顧客の成功支援、ソリューションコンサルタント、戦略コンサルティングを指揮してきました。 また、Salesforce社のエンタープライズセールス部門取締役副社長を務めた経験もあります。 Salesforce入社前は、Cisco社でCollaboration Software Groupの上席副社長としてWebExグループを率いるなど、様々な任務を歴任しました。 Doug Dennerlineは、アリゾナ州立大学で 企業経営の理学士号を取得しています。

Doug DennerlineのLinkedInプロフィールはこちら

John Newton

John Newton

会長、CTO

Alfrescoの会長兼CTOであるJohn Newtonは、コンテンツ管理の分野における経歴が最も長く、大きな影響力を持つ人物の1人です。 後にEMC®社に買収されたコンテンツ管理業界のリーダーDocumentum®社を1990年に共同で立ち上げ、Documentum®ソリューションの設計と開発を統率しました。

その後10年間で多数のコンセプトを生み出し、それらは現在も業界で広く利用されています。 さらにヨーロッパにおいてDocumentumのマーケティングサービスおよび専門サービスの会社を立ち上げました。 同時に、Benchmark Capitalの駐在起業家の1人としても活躍を続けています。 それ以前は、Ingres®社創始時のエンジニアの1人として、世界初の業務用リレーショナルデータベースの開発に携わったことがあります。 Johnはカリフォルニア大学バークレー校卒業。電気工学およびコンピューターサイエンスの理学士号を取得しています。

John NewtonのLinkedInプロフィールはこちら

Twitterでjohnnewtonをフォローするにはこちら

ブログを読むにはこちら

Paul St John

Paul St John

ワールドワイド・セールス副社長

Paul St Johnは、Alfrescoのワールドワイド・セールスの副社長です。 セールス、アライアンス、チャネルを世界規模で拡大する役目を担います。

Paulは国内および海外市場におけるセールスと運用に15年間携わった経験を持ちます。 Alfresco入社前は、Riverbed社の北東欧におけるセールスおよび運用部門を運営しました。 また、EMCでは北欧および東欧地区担当マネージャーを務め、その前は米国とヨーロッパの両地域でEMC Software Group(Documentum)に助力していたこともあります。 テクノロジー業界の前は、米国イリノイ州で弁護士として活躍。 エモリー大学で 学士号、デポール大学法学部で 法務博士号を取得しています。

Paul St JohnのLinkedInプロフィールはこちら

Denis Dorval

Denis Dorval

EMEAおよびAPAC担当副社長

EMEAおよびAPAC担当副社長であるDenis Dorvalは、ヨーロッパ、中東、アフリカおよびアジア太平洋地域におけるセールスと事業開発を管理しています。 コンテンツ管理と、パートナー主導によるヨーロッパ事業開発の両方で豊富な経験を持っています。

Alfresco入社前は、FileNetでパートナーシップおよび提携担当部長を担当していました。FileNet P8の立ち上げ時には、パートナーとの製品化戦略の決定と導入で中心的役割を担っただけでなく、ヨーロッパの大手グローバルシステムインテグレータとの間接的セールスおよび関係構築も管理していました。 FileNetの前は、1999年に自らフランスに創立したBPMソフトウェア会社、Webedisoftの創始者兼CEOでしたが、この会社は2002年に別のBPMソフトウェア会社に買収されました。

Denis DorvalのLinkedInプロフィールはこちら

Carlton Baab

Carlton Baab

最高財務責任者

Carlton BaabはAlfrescoのCFOであり、Alfrescoの全世界の財務、内部IT、会計、人事、管理運営を担います。

Alfresco入社前は、顧客エンゲージメント用のブランドコミュニティを提供するクラウドベースのソーシャルCRM会社であるLithium Technologies社でCFOを務め、それ以前は社長兼CEOとしてTigerLogic Corporationの財政を再建した経験を持ちます。 Carltonは成長著しい公開会社と私会社の両方でCOO、CFO、CIOを歴任し、資金調達の交渉、株式公開、M&A(合併吸収)を成功に導きました。 ハーバード大学経営大学院にてMBAを取得しているほか、南カリフォルニア大学で電子工学理学士の学位を取得、優等で卒業しています。

Carlton BaabのLinkedInプロフィールはこちら

Andrea Lagan

Andrea Lagan

顧客成功支援担当グローバル副社長

Andreaは、Alfrescoの顧客成功支援部門グローバル副社長です。顧客がAlfrescoソリューションの価値を最大限に活用し、事業を成功に導くための戦略およびプログラムを推進する役目を担います。

約25年の経験を持つカスタマー・エクスペリエンスのベテランとして、事業の成長、顧客維持、卓越したカスタマー・エクスペリエンスを推進するカスタマーフォーカスチームを牽引し、成功を収めています。 Alfresco入社前は、Oracle社のクラウドサポートの副社長として、Oracle RightNowおよびOracle Taleo Cloud Servicesを提供する組織を取り仕切っていました。 Oracle社の前は、RightNow Technologies、NetScout Systems、Network General、Remedy Corporationでカスタマーサポート、サービス、運用の責任職を歴任。カスタマー・エクスペリエンス関連のイベントでの講演経験も多数あります。

Andrea LaganのLinkedInプロフィールはこちら

Paul Holmes-Higgin

Paul Holmes-Higgin

最高製品事業責任者

最高製品事業責任者であるDr. Paul Holmes-Higginは、Alfrescoの製品開発チームを管理し、Alfrescoのソフトウェアの革新性と高品質を維持する役目を担います。

IBM®やDocumentum®など、オープンソースソフトウェア会社およびプロプライエタリソフトウェア会社の共同研究開発に携わる複数チームを20年以上も率いた経験があり、 常に実世界の様々な問題に対処する高度な技術ソリューションを実現してきました。 ナレッジベースのエキスパートシステム、ニューラルネットワーク、情報抽出、マルチリンガルの自然言語処理に及ぶ幅広い専門知識を持っています。 数多くの革新的な新興企業で中心的役割を果たしてきたほか、Resumix®やDocumentum®を活用した企業運用システムに関する経験も豊富です。 Paulはサリー大学で人工知能の博士号を取得しています。

Paul Holmes-HigginのLinkedInプロフィールはこちら

Twitterでpaulrhhをフォローするにはこちら

David Caruana

Dave Caruana

チーフアーキテクト

David Caruanaは、10年以上もの間、業界有数のソフトウェア製品を開発し続けてきた、経験豊富で創造的なソフトウェアアーキテクトです。

DocumentumではWeb Development KitとWebtopバージョン5での功績が認められ、Documentumの年間最優秀社員に選ばれただけでなく、 チームコラボレーションおよびナレッジマネジメント(知識管理)ソフトウェアであるDocumentum® iTeam™の設計も手がけました。 Documentumに入社する前はOracle®の主要エンジニアの1人でした。同社ではCASEおよびリポジトリツールのソフトウェア設計者の1人として活躍しました。 Davidの専門知識は、J2EE、エンタープライズシステム、UML/CASEツール開発、およびメタデータのリポジトリなど多岐に渡り、その専門知識を生かして優れた企業向けソリューションと開発者向けSDKを多数開発しました。

David CaruanaのLinkedInプロフィールはこちら

Twitterでdcaruanaをフォローするにはこちら

ブログを読むにはこちら

Brian Remmington

Brian Remmington

エンジニアリング担当副社長

Brian Remmingtonは、Alfrescoのエンジニアリングチームと製品マニュアルチームのすべての面を統括します。

2009年にソフトウェアアーキテクトとしてAlfrescoに入社。それ以前の1993年から、高品質のエンタープライズ向けの製品を開発するソフトウェアエンジニアのチームを率いてきました。 Alfrescoに入社する前は、英国を拠点とするCMSベンダーのMediasurfaceで主任アーキテクトを務めていたほか、1997年からコンテンツ管理システムの設計および開発指導に関与していました。 製品開発とソフトウェアコンサルティングの両方で幅広い経験を持つことから、ソフトウェア開発の様々な技術やプロセスに深く精通しており、それらのノウハウを最大限活かした実践的なアプローチをとります。

Brian RemmingtonのLinkedInプロフィールはこちら

Martin Musierowicz

Martin Musierowicz

チーフオブスタッフ

Martin MusierowiczはAlfrescoのチーフオブスタッフです。 Alfrescoの事業拡大と、世界中で一貫した運営、戦略支援を指揮する役目を担います。

この職務に就くまではAlfrescoの南北アメリカ地域担当副社長と業務開発担当副社長を歴任。 それ以前は、15年間に渡りエンタープライスソフトウェアとオープンソースの事業に携わり、JBoss®、IBM®、Sequent® Computersで重職を担ったほか、Open Source Development Lab(OSDL)では顧問として活躍しました。 Alfresco入社前は、JBossでパートナー事業開発およびマーケティングを統括し、JBoss認定パートナープログラムを作り上げただけでなく、黎明期にあったパートナーネットワークを150社を超える膨大なネットワークへと育てました。 IBMでは、同社のLinux参入に関わり、通信業界向けオープンソースソリューションを管理しました。 Martinは分子生物学の理学士号 に加え、技術管理を専門として MBAを取得しています。

Martin MusierowiczのLinkedInプロフィールはこちら

Paul Warenski

Paul Warenski

最高法務責任者兼法律顧問

Paul Warenskiは、Alfrescoの最高法務責任者兼法律顧問として、全世界のAlfrescoの知的財産や商事契約などに関わる法務を取り仕切ります。

Paulは長年ソフトウェア企業で重役を務め、20年以上の法務経験を持っています。 最近では、経常収益管理用のクラウドアプリケーションおよびサービスを提供するServiceSourceで上級副社長兼相談役として勤務し、2011年には同社を新規株式上場に導きました。 また、デジタルファイル配信とエンタイトルメント管理を提供するSaaS会社のIntraware、およびe-コマースソフトウェア会社のCommerce Oneでは上席副社長兼法律顧問として活躍し、両社とも株式上場を果たしています。 それ以前は、サンフランシスコの法律事務所Schachter, Kristoffでパートナーとして手腕をふるったほか、Nossaman、Guthner、Knox & Elliottでも活躍しました。 Paulは最初、連邦判事助手と米国議員の上級法律アドバイザーとしてその経歴をスタートしました。 カリフォルニア大学で法律の学位を取得、優等で卒業したほか、ロンドンスクールオブエコノミクスで修士学位を取得しています。

Paul WarenskiのLinkedInプロフィールはこちら

Ray Martinelli

Ray Martinelli

最高人材活用責任者

Ray Martinelliは、業界大手の企業で20年以上管理職を務めた豊富な経験を活かし、 Alfrescoの世界中の人事を統括します。

Rayは最近まで、経常収益管理のクラウドアプリケーションとサービスを提供するServiceSource社で最高人材活用責任者として活躍。 在職中に、150人だった従業員を世界全体で3,000人以上に増員しました。 それ以前はMacromedia社の人事担当上席副社長、さらにその前はJuniper NetworksとComputer Curriculum Corporationの人事担当副社長を歴任しました。 また、Appleの人事ディレクターも務めました。 Rayは、サクラメント州立大学で組織コミュニケーションの学士号、ゴールデンゲート大学で組織開発の修士号を取得しています。

Ray MartinelliのLinkedInプロフィールはこちら

Jeff Potts

Jeff Potts

最高コミュニティ責任者

最高コミュニティ責任者のJeff Pottsは、ここ何年もの間Alfrescoコミュニティでその存在を認められ、表彰されているリーダーの1人です。 Alfresco入社前は複数のコンサルティング会社で上級リーダーとして勤め、コンテンツ管理とコラボレーションでは18年の経験を持っています。 最近では、Alfresco認定ゴールドパートナーであるMetaversant Group, Inc.の社長を務めていたほか、それ以前には、オープンソースコンサルティング会社のOptarosでコンテンツ管理業務を担当していました。

Jeffは2005年にAlfrescoに入社して以来、Alfrescoコミュニティに多くの貢献をしてきました。 コード、チュートリアル、説明的なブログ記事、コードキャンプ、オフ会、会議セッションなど、様々な例を挙げることができます。 2008年には、Alfrescoの開発者を念頭に置いた初の書籍『Alfresco Developer Guide』を執筆しました。 さらに、Apache Chemistryプロジェクトにも活発に参加しており、CMIS向けのPython APIであるcmislibの開発をリードしています。 Jeffは、オクラホマ大学で経営情報システムの学士号、テキサス大学ダラス校で経営学の修士号を取得しています。

Jeff PottsのLinkedInプロフィールはこちら

TwitterでJeff Pottsをフォローするにはこちら

ブログを読むにはこちら

その他のAlfresco社員のLinkedInプロフィールはこちら