メディア掲載記事

ThinkIT イベントレポート:オープンソースの最新トピックと、ビジネス活用のポイント

オープンソースの最新トピックと、ビジネス活用のポイント 6月27日にThinkIT主催で開催された、オープンソースセミナーに、アルフレスコ・ジャパン(株)のソリューションエンジニアの青地芳彦が講演をいたしました。 青地 のセッションでは、企業内の文書管理をどうやって行うか、外部との共有をどうやって安全に行うのかをテーマに、オープンソースのAlfrescoによる具体的な管理方法が 解説されました。

「競合はDropboxやBox」 クラウド対応を急ぐAlfrescoの戦略とは

オンプレミスのソフトウェア製品で一時代を築いた大手ベンダーがクラウドへの対応に本格的に乗り出している。コンテンツ管理製品ベンダーの米 Alfrescoもその1社だ。同社のワールドワイドセールス担当副社長ポール・セント・ジョン氏は「従来、当社の競合は米Documentum(現 EMC)やカナダのOpenText、米IBMだった。今のライバルはクラウドストレージを提供する米Boxや米Dropboxだ」と話し、クラウドとモ バイルへの対応を急ぐ考えを示した。

社内コンテンツ利用をめぐる、社員とIT部門のいたちごっこを防ぐためには

PR 連載:重要な企業コンテンツを管理するオープンソースECM、Alfrescoの実力を探る社内コンテンツ利用をめぐる、社員とIT部門のいたちごっこを防ぐためには 青地 芳彦2014年1月29日(水)社外との情報共有の実際と問題点 第1回の記事の中でも触れましたが、企業が社外の取引先とのコンテンツを交換する際には、メールや、ファイル転送、共有サービスを使ってコミュニケーションされているケースが多いものと思います。 そ ういった場合、例えばメールでのやり取りにおいて、ファイル添付を忘れる、暗号化されていないコンテンツをそのまま送受信する、最新のコンテンツ側からな る、...

Alfrescoをインストールしてコンテンツ管理を体験してみよう

エンタープライズ版とコミュニティ版の違い Alfrescoにはエンタープライズ版(有償版)のAlfresco Oneと、コミュニティ版(無償版)のAlfresco Community Editionがあります。 こ のCommunity Editionは厳密にはAlfresco Software Inc.(以降、Alfresco社)の製品ではありません。有志の開発者に育まれているコミュニティの賜物です。無償ですので、Alfrescoの機能 を簡単に試すことができます。また、世界各国の開発者が日夜新しい機能をいち早く投入したいと取り組んでいるもので、将来のAlfrescoの姿を有償版...

コンテンツ管理や情報漏えい防止に力を発揮するECM、Alfrescoとは

まだまだ普及していないコンテンツ管理とその必要性 コンテンツ管理システム(ECM)を活用することで、適切に文書を管理すると同時に、保管コストを下げ、生産性の向上につなげることができます。しかしながら、企業はコンテンツ管理の必要性に対して十分認識されているものの、ITの投資の優先順位としては、低い状態に置かれることが多くみられま す。その理由としては、既存のコンテンツ管理製品の初期投資が高額になることや、投資対効果をそれぞれの企業が算出することが難しいことが原因となってい ます。そこで、今回はこうした企業の問題解決を支援する、...

オープンソースのECM「Alfresco」、来日中のCEOに聞いたコンテンツ管理の重要性とは

Alfrescoは、企業などにおけるコンテンツの管理を行うオープンソースのECM(Enterprise Contents Management)で、同名の英国企業が提供している。 10月の下旬に開催されたイベント「Alfresco Day」のため来日した同社CEOのDoug Dennerline氏に、ECMの重要性と、日本での活動を含めたAlfrescoの今後を聞いた。 この日は日本法人の代表を務める中嶋博氏も同席し、通訳を交えながら終始フランクな調子で、Alfrescoについての質問に答えてもらった。