ケースマネジメント: ソリューションの概要

構成がきちんと設定されていないドキュメント中心でのプロセス管理は、難易度の高いタスクです。 特定プロセスや特定のケースに関連したドキュメントをすべて見つけるのが難しい場合があります。 書類を追うのに時間がかかりすぎたり、関係者が関連するコンテンツをレビューしたか、または必要なアクティビティを完了したかを確認しようとして時間を費やしてしまうことがあります。 Alfresco Workdeskは、役割に基づいてユーザーの状況に合った関連コンテンツをユーザーに届けるとともに、特定ケースのライフサイクル全体を包括的に表示する方法を提供します。 Alfresco Workdeskのケースマネジメントのソリューションでは、効率的なコンテンツの作成、プロセス管理、期限監視モニタリング、あらゆる種類のケースのレポートとアーカイブができます。 そして、このソリューションは、Alfrescoの幅広く、奥深いECM機能のパッケージとシームレスに統合されています。

新規ケースファイルの作成

定義済みの構成を持つケースファイルは、ワンタッチで作成できます。 バックエンドシステムとのシンプルな統合により、顧客番号、氏名、住所などのデータを調べて、ケースマネジメントのソフトウェアに転送できます。 同様に、新しいケース番号を作成して、特定ケースに関連する新しいドキュメントすべてに自動適用することができます。

メタデータを使用してMS Word文書にフィールドを設定

MS Officeおよび他のデスクトップアプリとの密接な統合により、たとえばケース番号などを、メタデータを使用してAlfrescoのケースマネジメントソリューションからMS Word文書のフィールドに簡単に挿入できます。 この方法は迅速かつ便利であるだけでなく、データの整合性も保証されます。

ケース全体または1つのドキュメントにタスクを割り当て

タスクはドキュメントまたはケースファイル全体、1人の従業員または部署全体に割り当てることができます。

タスクをケースファイル、受信ボックスまたは検索結果に表示

すべてのタスクは適切なケースファイル、または個人やグループの受信ボックスに表示されます。 これにより、タスクが見つけやすくなり、期限を守って、適時かつ確実にケースに対処するのに役立ちます。

1つのケースファイルに異なるシステムのドキュメントを表示

Alfresco Workdeskの仮想フォルダーでは、1つのケースフォルダーに異なるECMシステムのドキュメントを組み合わせることが可能です。 これにより、ユーザーは一度にすべての関連ドキュメントを表示しやすくなり、古い、従来のECMシステムからの移行に使用することもできます。 また、異なるシステムにあるドキュメントの検索を定義することもできます。

業務の役割管理は状況に合ったケースビューを提供

Alfresco Workdeskの洗練された業務の役割のコンセプトは、組織でのユーザーの役割に基づいて、ユーザーが必要とする機能と情報のみ取得することを保証します。 たとえば、カスタマーケア担当者はテンプレートを使用して新しい事例を作成できますが、同時に、査定者はすべての現在のアクティビティの概要を即座に表示する「新しい事例」というフォルダーでこれらの事例を見ることができます。 さらに、マネージャーは「期限の近いケース」「カスタマーxのすべての事例」などのビューを取得して適時是正措置を行うのに役立ちます。

ケースマネジメントリューションのメリット

  • 1つのケースファイルですべてのドキュメントとタスクにすばやくアクセス
  • テンプレートに基づいて新規ケースファイルをすばやく作成
  • 業務の役割に基づいてカスタマイズされたケースビュー

使用事例

  • 融資取り組み
  • クレーム処理
  • クレーム査定
  • 従業員のオンボーディング

主な対象

  • 保険
  • 銀行
  • 政府
  • 人事

Alfresco Workdeskの詳細はこちらから