Salesforce logo

Sales people don't manage documents.
Alfresco does.

Today, many sales teams share their documents via email, resulting in critical paperwork piling up in everyone’s inboxes, confusion on versions, and lack of a single view on where paperwork is in the process. This results in deals taking longer, more mistakes and deals slipping ultimately affecting your bottom line.

AlfrescoのSalesforce Connectorは、Salesforce文書に強力な検索機能、ワークフロー機能、コラボレーション機能を適用することでコンテンツの問題を解決できるため、セールスプロセスが合理化され、より迅速に取引を成立させることができます。

当社のソリューション

Alfrescoを使うと、Salesforce文書の作成から完成までの全ライフサイクルを管理して、プロセス全体のセキュリティを保護しながら、コンプライアンスを遵守できます。

Salesforceの統合

  1. セールスチームはSalesforceから直接Alfrescoに文書をアップロードできます。 Alfrescoの使い方を覚えるためにトレーニングを行う必要はありません。
  2. Alfrescoの強力なフォルダールールとワークフロー機能を使って書類の処理を自動化できます。
  3. 共同作業を行いながら、簡単にSalesforce文書を共有できます。 商談中に直接顧客に契約の変更をチェックするよう依頼できるので、より迅速に取引を成立させることができます。
  4. 取引が成立したら、当社のレコード管理モジュールを使って文書のコンプライアンス機能を有効にし、契約書をロックして、今後の照会用に保管できます。
  5. Salesforceコンテンツをアーカイブし、Alfrescoを介してSalesforceの外側からそれらのコンテンツを全文検索できます。 ユーザーはSalesforceのレコードデータだけでなく、文書自体に含まれているテキストに基づいて文書を検索できます。

主な利点

  1. セールスチームは、Alfrescoの使い方をわざわざ覚える必要はありません。通常どおりSalesforceで作業を行えます。
  2. コンテンツをSalesforceの外側から検索、利用できます。
  3. Salesforce文書に自動化機能、ワークフロー機能、コラボレーション機能を適用することで、取引のサイクルを加速できます。
  4. 取引が成立したら、書類をAlfrescoに保管して、法令遵守を徹底できます。

Alfresco for Salesforceアプリがマーケティングセールス部門にもたらすメリットをご覧ください。

技術要件

Salesforce Connectorを使うと、有効にしてからほんの数分で簡単にSalesforceをAlfrescoに統合できます。 Salesforce Connectorは、すべてのSalesforceコンテンツを中央リポジトリに保存するだけでなく、Salesforceからアップロードした各文書と一緒にSalesforceレコードのメタデータも保存するので、Alfrescoでよりパワフルな検索とワークフローを実行できます。

Salesforce Connectorの使用に必要なのは、クラウドアカウントのAlfrescoだけです。 まだアカウントをお持ちでない場合は、ここをクリックして登録し、無料のアカウントを取得してください。 Alfrescoが提供する高度なドキュメント管理機能をすべて利用するには、Salesforce Connectorと一緒に次のコンポーネントを使用する必要があります。

  • Alfresco in the cloud StandardまたはEnterprise Network:高度な管理/ブランディング/セキュリティなどの主要機能を有効にします。
  • Alfresco One:Salesforceコンテンツを社内ネットワークのドキュメントリポジトリと同期します。
  • Alfrescoのレコード管理モジュール:Salesforceコンテンツにコンプライアンスとポリシーを適用します。
  • Alfrescoのネイティブモバイルアプリ:Alfresco内のSalesforceコンテンツに携帯端末からアクセスするユーザー向けです。

関連資料