安全なファイル共有

世界には数多くの拡張型企業が存在し、協力し合う各部門が勤務している建物、国、タイムゾーンが同じということはなく、さらには雇用主が違うことさえあります。  日常的な業務の一環として、ユーザーはパートナー、社外の代理店、コンサルタント、顧客、請負業者、見込み顧客とのコラボレーションが必要となる場合があります。 その場合、IT部門のインフラを迂回して消費者向けのクラウドサービスを利用するのでしょうか?それとも電子メールで何とかしのぐのでしょうか? Alfrescoは、消費者向けのようなファイル共有サービスにIT部門の管理とセキュリティを兼ね備えた選択肢を提供します。

AlfrescoハイブリッドECM

Alfrescoは、オンプレミスとクラウドの両方で実する唯一のECMソリューションです。 オンプレミスとクラウド間の強力な同期機能により、常にコンテンツの同期が保たれ、エンタープライズの管理下で共有が行われます。

公開ファイル共有

幅広い対象者に向けてコンテンツを共有する必要がありますか?Alfrescoの公開共有機能なら、Alfrescoから対象ドキュメントを移動しなくとも、ドキュメントの短縮URL(電子メール、Twitter、Facebookなどを経由)を共有したり、共有を中止したりすることが可能です。

完全な監査管理

完全な監査管理では、誰がいつ変更を加えたかを確認できます。 クラウド上で行った変更点はオンプレミスにも同期されるので、常に最新版のドキュメントを参照することができます。

クラウドのセキュリティ

Alfresco in the cloudには、それぞれの会社用の安全なファイル共有ネットワークが作られます。 オンプレミスのコンテンツをクラウドに同期すれば、ファイアウォールの迂回やVPNの問題に悩まずに、安全にドキュメントを管理するエクストラネットを効果的に作成して、社外のコラボレーションの相手に対して必要なドキュメントへのアクセス権を付与することができます。

カスタマイズ可能なアクセスレベル

指定した対象者だけにコンテンツを共有できます。 指定した相手に特定のクラウド同期済みのサイトやフォルダへのアクセスを許可し、そのプロジェクトが終了したらアクセス権を無効にすることにより、コンテンツのセキュリティを維持します。

ウェブ、PC、タブレット、スマートフォンからアクセス

すべての業務をオフィスで行う時代は終わりました。  タブレットやスマートフォンの導入により、モバイル環境で仕事ができるようになり、生産性も向上しました。 Alfrescoを使うと、重要なコンテンツはすべて最新状態に保たれ、タブレットやスマートフォンにインストールしたAlfresco Mobileアプリからアクセスできます。

重要なユーザーの導入

各種コラボレーション機能を備えた使いやすいAlfrescoは、社員が使いたいと思う安全なファイル共有ソリューションであるため、ユーザーの導入が促進されます。 直感的なAlfrescoのインターフェースを使って、まずユーザーにクラウドを体験してもらえば、すぐにAlfrescoの素晴らしい価値に気づいてもらえます。