メインコンテンツへスキップ

Alfresco Content Services

あなたに最適なバージョンは?

Alfresco Content Services

全機能を搭載したエンタープライズクラスの本番環境向けECM

Alfresco Communityエディション

開発者・技術者向けECM

機能比較表

主要機能
Alfresco Content Services
Alfresco Communityエディション
堅牢なコンテンツリポジトリ — 様々な機能を備えた、規格対応のリポジトリ。
チームでの共同作業用インターフェイス — ユーザーフレンドリーなコンテンツ管理用インターフェイスを持つAlfresco Share。
生産性アプリケーションの統合(Microsoft Office、Googleドキュメント等)
スマートフォルダ — (保存場所ではなく)メタデータに応じてコンテンツを表示。ファイルをスマートフォルダに追加するだけで、メタデータが追加されます。
アドオン — コミュニティで開発された拡張機能をダウンロードしてインストールする機能。
簡単な統合・拡張 — カスタムのコンテンツモデルや業務に合わせて独自のワークフローを作成したり、REST APIやApplication Development Frameworkを使って簡単に拡張可能。
追加のセキュリティ機能 — 保管しているコンテンツの暗号化、リポジトリの設定プロパティの暗号化。
可用性を高めるためのクラスタリング — シンプルなUIでクラスタリングを構成。
保存ポリシー — コンテンツのライフサイクル要件に基づいて複数のコンテンツストアを定義するための機能。
高度な管理コンソール — 再起動の必要性を減らし、Alfrescoサブシステムとクラスタリングを簡単に構成/管理可能。
ハイブリッドクラウド — オンプレミスのAlfrescoとクラウドのAlfrescoとでコンテンツやプロセスを同期可能。
複数のOS、データベース、アプリケーションサーバーで厳密にテストされ、認定済み(Oracle、Microsoft SQL等)。
AWS QuickStart — AlfrescoのAWSインスタンスのベストプラクティス。簡単に使用でき、サポート、メンテナンスも利用可能。たった数回のクリックでデプロイできます。
他のAlfrescoモジュールに対応(追加可能なモジュールについては下記を参照)。
標準規格SAMLを使用したシングルサインオン
クライアント
Alfresco Content Services
Alfresco Communityエディション
Windowsデスクトップとの同期 — Alfrescoで管理しているコンテンツをオフラインで使用できるようにWindowsデスクトップと同期します。
モバイルデバイスで使用するコンテンツの暗号化
Alfresco Mobile apps for iOS and Android — Alfresco Mobile apps for iOS and Android (including SDKs)
サポート
Alfresco Content Services
Alfresco Communityエディション
Prioritized security patches and hotfix updates, with defect escalation process and long term Service Pack releases
24時間年中無休の「重要度1」サポート
Alfrescoと認定パートナーによるコンサルティング、専門サービス
オプションのAlfrescoモジュール
Alfresco Content Services
Alfresco Communityエディション
Alfresco Content Connector for Salesforce — Salesforce.com内でAlfrescoコンテンツに簡単にアクセス。
Alfresco Outlookの統合 — Eメールコンテンツを直接Alfrescoで検索、アクセス、アップロード。
Alfresco Analytics — コンテンツの使用状況を分析し、プロセスを最適化。
Amazon S3およびEMC Centera用のAlfrescoコネクタ
Alfresco Document Transformation Engine — オンライン表示をスピードアップし、ページの再現性を改善。
Alfresco Media Transformation Engine — ローカルビデオのトランスコーディングと画像レンディションの作成用。
Alfresco Index Engine — Solrシャーディングなど、検索サービスのクラスタリングにより、パフォーマンス、拡張性、可用性を改善。
DOD 5015.02認定のRecords Management — セキュリティマークとコンテンツの分類管理が可能な認定済みRM(下記参照)。
Alfresco Process Servicesの全機能を統合
情報ガバナンス
Alfresco Content Services
Alfresco Communityエディション
本格的なRecords Management — 中核となるレコード管理機能。
DOD 5015.02認定を受けたRecords Management — 米国DOD規格を遵守しながら連邦政府の記録を取り扱う必要がある企業・団体に必須。
セキュリティマーク — コンテンツに適用されたマークとユーザーが所有するマークに基づいてコンテンツへのアクセスを制御。
コンテンツとレコードの分類 — 分類レベルとライフサイクルの設定。ユーザーのセキュリティレベルを定義することで、一般的なUCLよりも1段階緻密なセキュリティ保護が可能。