メインコンテンツへスキップ

Alfresco Search and Insight Engine

開発者もユーザーも簡単に使えるコンテキスト分析機能

新しいAlfresco Search and Insight Engineは、お客様がリアルタイムのデータをもとに優れた意思決定を下せるモダンな統合型分析ソリューションです。コンテンツ、メタデータ、プロセス、ガバナンスのあらゆるデータを分析できるこのコンテキスト分析製品は、開発者もユーザーも簡単に使いこなせるため、専門のBIチームの助けを借りる必要がありません。

Alfresco Search and Insight Engineは、検索のパフォーマンスを最大限に高めるSolrシャーディングなど、複数のサーバー検索インデックスクラスタリングにも対応します。

開発者フレンドリーなコンテキスト分析

従来の分析製品では、データの抽出、変換、読み込みを専用のデータウェアハウスシステムで行うという複雑なプロセスが必要でした。これに対し、Alfrescoのアプローチはすべてが使い慣れたテクノロジーや既存のスキルに基づいています。

  • ETL(Extract:抽出 – Transform:変換 - Load:読み込み)やデータウェアハウスが不要 – インストールも管理も、Alfresco管理者が簡単に行えます。専用のデータウェアハウスシステムは必要ありません。
  • SQL対応、スキーマレスな設計 – 専門のBIチームやビジネスアナリストの助けを借りずにカスタムレポートを作成できます。
  • Solrを使って簡単に拡張可能6 – Alfresco Search and Insight Engineは、拡張性、信頼性、フォールトトレランスに優れるオープンソースの検索プラットフォーム、Solrを基盤としています。6

ユーザーフレンドリー - すべての人に対応

ナレッジワーカーには、進行中の業務から分断されることなく重要なビジネスプロセスをこなせるリアルタイムの分析ソリューションが必要です。

  • コンテンツ分析 - SQLを使ったシンプルな時系列分析および全文検索の語句分布分析。
  • カスタムのメタデータに完全対応 - Solrインデックスを基盤としているため、インデックス化されたカスタムメタデータであればすべてレポートに出力できます。
  • 自由自在なレポートビルダー – レポートやダッシュボードを自分でゼロから作ることも、予め設計済みのものを使うこともできます。
  • リアルタイムのレポート作成 –  Alfrescoリポジトリと密に統合されているため、ユーザーはコンテンツやメタデータをリアルタイムで分析できます。
  • 権限/ACLに完全対応 – Alfrescoの内蔵セキュリティ機能に準拠しているため、データ漏洩の心配がありません。

検索パフォーマンスを無限に拡大

Solrシャーディングに対応しているので、膨大な量の文書を検索するときのインデックス化とパフォーマンスをスケールアップできます。

  • マルチインスタンス・クラスタリング - シングルインスタンスよりもインデックスやクエリを多く読み込めます。
  • Solrシャーディング – 検索時のインデックス化を分散するシャーディングにより、検索パフォーマンスを大幅に改善できます。
  • 管理コンソールで簡単に設定 - シャーディングなどのSolr設定をすべて管理コンソールから行えます。
  • セキュリティの強化 - シャードとコンテンツリポジトリ間でやり取りされるデータをSSLで暗号化します。